日記のような、なにか

酔っ払いのひとり言と覚え書き

2006年12月

うんめい序章

君に呼ばれた
愛してやまない場所の名と
見たくてたまらぬ花の画に
引かれて
曳かれて
惹かれてしまった

君に応えた
生まれて初めて心を開き
見知らぬ君に勇気を出して
この先
二度とは
書けないものを

確かに君は
わたしを呼んだ
だから応えた
君の声に

それがふたりの
うんめい2006

おおみそか

ブログネタ
ひとりごと に参加中!
今年はいろいろあった。
反省すべき点が
いーーーっぱいある。
例を挙げたら キリがない。

そのひとつ。
このブログ。

あるSNS(ソーシャルネットサービス)で
日記を書き始めたのが
昨年の4月。
ライブドアにブログを移し替えたのが
昨年の7月。
それを最初にチェックしてくれた友達が
ふつか前も 問題点を指摘してくれた。

「カテゴリ別にしていないので 過去ログが分かりにくい」

実は 前から気にはなってたけど
面倒くさいので 放置してあった。
来年は ちゃんとカテゴリ分けしよう。

友達がブログをみたときの感想。
◆昨年7月。
 「よう書けとる。」
◆今年10月。
 「文章も写真もマシになった。読めるようになった。」
◆ふつか前。
 「見たい記事(食べ物の写真)が どこにあるか分らん。」

次は 褒めてもらえるように頑張ろう。
おおみそか

うんめい 2006〜2007

雪の朝 君は我が家を通り過ぎ
  仕事納めの途を愉しむ


 きっと どこかで すれ違い
 たぶん なにかを 感じてる
 それが なにかは 解らない
 きっと なにかを 感じてる
 そんな 気がする 2006年
 なにか 起きそな 2007年


タイトルに 意味はないから 気にせずに
  年末だから ベートーベンなの

強がりと残酷

尽くすのが一番の復讐と
意識していた訳じゃない
君の弱さを見せられた今
もっと冷たくしておけば
君の苦しみ見ずにすんだ
突き放せない自分の弱さ
ほんとはそれ残酷という
心はもう別の人のところ
ごめんね忘れて今すぐに
君はわたしと違って若い
信じてやり直して人生を

   本を読んで膨らませた世界。
   根も葉もある架空のはなし。

「レンタル不倫」姫野カオルコ
「レンタル不倫」姫野カオルコ

お題「あとふつか」

ブログネタ
日々の戯れ言 に参加中!
年末はなにもせずとも気忙しい
   一日48時間ほしい

大掃除
しない
できない
無理しない
中掃除も無理かもね
せめて 小掃除 極小掃除
こうして 年は暮れてゆく

家事放棄宣言をした今年
それでも やはり忙しい
家事や雑事だけではなく
気になっていたことを少しずつ
いらないものは処分して
整理しよう
この時期に

大切なものだけ
手許に残して
雪の日06.12.29

彷徨い

ブログネタ
短歌 に参加中!
希望など 夢など なさそな向こう岸
   そんな河路をひとり漕ぎ出す

雪積もり 真白な世界の 真暗闇
   君の轍を 探して惑う

明日はどこ ゆく道はどこ 君はどこ
   答えを探し 彷徨う雪路

彷徨い

雪の忘年会

ブログネタ
写真を楽しむ に参加中!
いつも福井まで来てくれる友達と忘年会。
今日は 彼女の住む小松市まで行ってきた。
忘年会は午後6時から9時まで。
食べて 飲んで 話した。
いっぱい 楽しんだ。
  詳細は明日以降 レポートしたい。

石川県内で強風、福井県内で積雪があり
JRのダイヤが大幅に乱れた。
特急は運休したり、2時間近く遅れたりした。
冬の北陸は 風や雪でダイヤが乱れるなんて
当たり前だし 気にしない。
小松駅で。相次ぐ運休。
小松駅で。
相次ぐ運休。





福井駅で。ダイヤの乱れ
福井駅で。
ダイヤの乱れ。





小松駅
忘年会が終わって。
小松駅。





雪のない小松駅
小松駅は積雪なし。






帰りの乗車券
帰りの乗車券。






誰もいない車内
誰もいない車内。






福井駅西口で
福井駅西口で。
うっすら雪模様。





福井駅東口
福井駅東口で。
短い時間で積雪が…





雪の中で寒そうにしている自転車たち
雪の中。
寒そうにしている自転車たち。

キミたちの雪をはらってあげたくも
そのうち われも 雪にまみれん

「聴く」

ブログネタ
日々の戯れ言 に参加中!
今年は たくさんのことを経験した

今までみえなかったものを 
見て 観て 視てきた

今まできいたふりしていたことを
聞いて 訊いて 聴いてきた

すべての声 音 叫びを
心で 聴いた
一生懸命 できる限り

きき逃したことがあるかもしれない
きかずに放っておいたこともある
きいたふりして きいてないこともある

届いた声 音 叫び
うけとめよう
どんなことでも
ぜんぶ きくから
ぜんぶ とどけて
わたしの元へ


今日 飲んだのは シェリー酒「ティオペペ」
辛口食前酒として 知られているらしい。
食前酒 食中酒 食後酒として
充分に楽しんだ。
わたしに似合わないオシャレなお酒だ。
シェリー酒「ティオペペ」

あと五日

ブログネタ
俳句・川柳・和歌 に参加中!
今年ほど 行動しない年はなし
   だけど大きな心の変化

カウントダウンは 始まった
静かに 確かに 時間(とき)が経つ
わたしを とりまく 空気が動く
明日をみつめて 動いていこう


◆聴いている曲:協奏曲第一番ホ長調「四季」

 今年一年 いろんなことがあった。
 楽しかった。面白かった。悲しかった。苦しかった。
 とても素敵な一年だった。
 クラシック曲に出会えて 自分を見つめなおすことができた。
 ほんとうに良い一年だった。
  ◆まだあと五日あるけどね◆←指摘があったので追加。
今日の気持ち…

お題「クリスマス」

ブログネタ
日々の戯れ言 に参加中!
クリスマス ブロ友いるから それでいい
   もう充分に 祝ってきたもん

寒かったけど
雪 降らなかった
雪の聖夜は望めなかった
でも 来年 再来年
雪が降るのを楽しみに
時が過ぎるのを待ってよう
そのうち
いいことあるからね
いつかは きっと
その日を待とう
クリスマスキャドル

「伝える努力」

ブログネタ
俳句・川柳・和歌 に参加中!
今朝の空
見た目では 
何も変化がないけれど
心の奥に 宝石ひとつ




口数少なく メールが苦手なわたしが
今日 「気持ちを伝える努力」をした。
建前ではなく 本音で。
大切なものを失ってしまう覚悟で。
ありったけの気持ちを
ありったけの言葉と文章で。
気持ちをすべて伝えられたのか
自信はないが 努力はした。
もしかして
生まれて初めてかもしれない。

伝える努力をしたことで
少しは 強くなれたかな。
少しは 大人に近づいた。


◆寒い夜は 湯割りカシス酒 林檎入り◆
林檎入りお湯割りカシス酒カシス酒

聖誕祭前夜

ブログネタ
に参加中!
異教徒の祭りを祝う必要なし
   関係もなし だからもう無視

ひとりだし 暇だし 
よく行ってた掲示板に遊びにいくと
「クリスマスイブをひとりで過ごしてる奴
 ちょっと来い!」 と呼ばれた。
いってみた。 
ひとりで過ごしている奴が
てんこ盛り状態。
それぞれに切なそうで
落ち込んでいた気持ちが
ちょっと楽になる。

わたしだけじゃない。


今夜は「とっておきのシャンペン」ではなく
一本1000円のスパーリングワインを開けよう。
「バレリーナ・ブリュット・スプマンテ」
辛口でさっぱりした味。
安いけれど 結構おいしい。
カペッタ・バレリーナ・ブリュットカペッタ・バレリーナ・ブリュット裏ラベル













◆それなりに 楽し聖誕祭前夜◆
 ひとりで 乾杯…
ひとりで乾杯

今を大切に

わたしから卒業してゆくその男(ひと)を
  笑って見送る 覚悟をしよう
 

優しくて 甘えさせてくれる人が 
そばにいると
どんどん嫌な性格になってしまう
見せたくないこと
見せてはいけないこと
大事な人に見せてしまう

言ってはいけない言葉が
気が緩むと
ポロポロ自然にこぼれてしまう
隠しておきたいこと
隠さなければいけないこと
弾けて 外に飛び出てしまう


今を大切に 
今の時間を
今のキミを
今の自分を

もしも

もしも 世界が破滅を迎えるとしたら
人は その日をどんな風に過ごすだろう

大切な人と一緒に
家族と一緒に
最期の時を過ごすのだろう

ひとりで 消えゆく自分を
静かに見つめながら過ごす人もいるだろう

生き残ることを信じて
頑張る人もいるだろう

いろんな人が いろんな思いで
残された時間を大切に過ごすのだろう

わたしは…

子供たちは 
それぞれの大切な人と過ごすだろうから
ひとりだけで
ありったけのお酒を
記憶がなくなるまで飲みながら
最期の時を迎えるだろう

たぶん たったひとりで

いつかみた大阪の空

ラストクリスマス

ブログネタ
日記 に参加中!
単身赴任で 仕事が忙しく
あまり家に戻ってこない夫が帰ってきた。
大好物のセイコガニを 手土産に。
一日では食べきれないほどの量だ。
どうやら 
妻には 好きな食べ物を与えておけば
機嫌がいいと思っているみたい。
その通りだけどね。
しばらく機嫌よく過ごせる。
好きなものを食べることができれば
大満足。
山ほどのセイコガニを撮りたくても
行儀が悪いと叱られそうで
やめた。

明後日はクリスマスイブ。
ホワイトクリスマスを期待しても
雪 降りそうにないね…
雪の聖夜。
撮ってみたい。
Last Christmas - WHAM

飲むこと酔うこと

ブログネタ
俳句・川柳・和歌 に参加中!
舌先に ザラザラ残った違和感を
   洗い流して 新たな味を
   
誰からも読まれることのないブログ
   だけど続ける 明日の吾のため

酔うことで 忘れることができるのは
   一瞬だけで 永遠じゃない


最近、飲む時間が遅くなったせいもあり
ビールや日本酒では酔えない。
ウイスキーやウォッカなど 強いお酒を
ストレートで 呷るように飲む。
雰囲気や味を楽しむのではなく
酔うために飲む。
でも 酔えない。
こんな状態が続くと
身体、特に肝臓に悪いな…
せっかくのお酒だもの
楽しんで飲んであげたい。
明日から。ううん、今夜から。
ウォッカ「ズブロッカ」

「24000回の肘鉄」

「ねえ聞いて。キミの未来が見えるのよ。
 だからキミから 離れてあげるの。」

キミが訊く 「僕の未来に誰がいる?」
「アタシではない 別の誰か。」

「じゃあ 君の未来はいったいどうなるの?」
「アタシの未来は どこにもないの。」
「24000回の肘鉄」内田春菊

きまぐれ

ブログネタ
雑記☆ に参加中!
メール来ても 返すの遅くなるくせに
   返事来ないと 不機嫌になる


息子が携帯で友達と話をしていると
ちょっと意地悪したくなり
大きな声で話しかけ
割り込んでしまう悪い癖
嫌がるふりをするけど 
顔は なんだか嬉しげだ
そんな事だけで
気分はちょっと上向きになる


近所の行きつけのお店で。
白子と 初めて注文した「日替わり定食」
なにを食べても ハズレがない。
安くて 美味しい。
場所? 店名?
ごめんね。内緒。
大好きな白子初めて食べた日替わり定食( ゚Д゚)ウマー

「よつばと!6巻」 あずまきよひこ

ブログネタ
今日読んだ漫画の感想 に参加中!
福井では 昨日発売された「よつばと!」6巻。

心が疲れているときでも
なにもしたくないときでも
「よつばと!」を読むと 
優しい気持ちになれる。
素直な気持ちになれる。
明日も頑張ってみようと思える。

   世の中には 
   いらないものなんて
   ひとつもないんだよ。

優しい言葉が
優しい心が
優しい笑顔が
優しい人たちが
いっぱい詰めこまれている。
そんなコミック。

もう一度 1巻から 読み直そう。
優しい気持ちになりたいから。
「よつばと!」Δ△困泙よひこ

傷み

「ありがとう」なんて言えない ほんとうは
   心の痛みが消えてないから

そういえば 狂おしいほど 乞うていた人も
   今では 思い出の中

元彼が ただの友達に変わるとき
   こんなに心が痛んだろうか

胸騒ぎがしたとメールをくれる友
   今も気持ちは通じているの

友達と メッセ(かいわ)をしても浮かぶのは
   別の誰かとやりとる流れ
明日に向かって
プロフィール
記事検索
Amazonライブリンク
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
ギャラリー
  • シーズン終了
  • 秋の気配
  • なおして
  • 木曜日に
  • 木曜日に
  • 木曜日に
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ