日記のような、なにか

酔っ払いのひとり言と覚え書き

家族 友達

時過ぎる

ようやく今日から「なんにもせん業主婦」の夏休みが再開(*´д`*)

暮れかかる午後6時52分の空冷夏といわれていたのに急に気温が上がり
やっと本格的な夏が来た

暑いのも寒いのも堪えない鈍感な自分が
頼もしいような怖ろしいような(((;゚Д゚))


本格的に飲み始めた頃に40年来の友達から電話

近況や昔話やプチ同窓会などの計画で
話が盛り上がる

わたしは付き合いが悪いので誰とも会ってないが
友達がいろんな情報を流してくれる

30年前午前5時前渡月橋の下でジェンカを踊ってた仲間が
今は某警察署の署長をしているという(´∀`*)
故天地茂に似た風貌でお茶目な人だった
今も昔と変わってないって聞いた
懐かしいな〜会いたいね〜


中身はあの頃と変わってないつもりでも
外見と表現する術が変化してるかも
会いたいけど会えないね

北海道から涼しいワイン「おたる」を飲み
ガーリックパンとか海老とイカの刺身と笹かまを食べた
北海道から涼しいワイン海老とイカの刺身と笹かまとか

付録人生

今夜も実家の母に近況報告の電話
盛り上がったところで息子が帰宅
1時間半の会話で記録は途切れる

先日、記事にしたシミズのおばちゃんが施設に入ったことや
同じ頃可愛がってくれた人(まだ60代半ば)も入所した事など
記憶のジグソーパズルのピースを埋める作業が続けられた

 身近な人たち(特に両親そして自分)の老いを受け入れられず
 都合の悪いことは忘れてしまうオイシイ特典付きの人生(´▽`*)

長く生きたからって幸せじゃないのかなって
これからはオマケのつもりで生きればいいか
なんて思ってみて気を紛らわせる


 記憶の断片が剥がれ落ち
 空白が増えてゆき
 パズルのピースが消えてゆく
 失くなる前に埋めてしまおう
 思い出という名の
 淡い記憶で


「生きてるだけで丸儲け」って誰か言ってたね

 生きてりゃなんかいいことあるさ(*´∀`)


酒のお通し昨夜のお酒のアテ

 食べて飲んでるうちにエネルギーが湧いてきて
 なにか作りたくなる
 
 まっ、いつもの汚料理だけど 。・゚・(ノ∀`)・゚・。

 そのうち、奇跡的にオイシイものを作れるはず
 
 それまでテキトーにやってみようかヽ(´ー`)ノ

さて、と

実家の母から夕食支度時に電話がかかってきた
忙しい時間なので用件だけ適当に訊き切り上げる

話し足りない気はするがまた明日電話するからいいや

 と思っても
 高齢の両親は明日という日が待てなくて
「明日じゃ遅い
 今すぐやらなきゃ」と
 のんびりやの娘に言いきかせる

のんきな娘も重い腰をあげ
そろそろやらなきゃ
なにかやらなきゃ
言いきかせる
自分自身に


さて、と
って
なにからやればいいんだろ?


25才毒男の侘しい晩酌風景25才毒男の晩酌風景

(多分)彼女なしの侘しさが
そこここに伝わってくる

 (幸せな結婚もあるよ)と
 妄想マニアが呟いておいた

 前向きに生きていきたいね(* ^ー゚)


   ※毒男とは - はてなキーワード
    毒男 - Wikipedia

季の趣き

「季(とき)の趣(おもむ)き」なんてタイトルをつけてみたものの
らしくないので一旦「季を赴く」と仮変換し
再変換後の最終形態「奇を衒う」ってのがわたしらしい

   ※き 1 【奇】の意味 国語辞典 - goo辞書


三日遅れの鰻(息子の)土日祝日が仕事で今日が休日の息子のために
三日遅れの鰻(撮り忘れたけどしじみの味噌汁付き)
他の家族は当日焼いた鰻を食べることができたのに
息子のは鹿児島産の冷凍ものでしじみも冷凍(´Α`)

不公平だからご飯だけは大盛り
どーんと2合分

三日遅れの鰻(わたしの)わたしも当日は切れっ端しか食べてなかったので
相伴させてもらった

ご飯は薄っすら1合弱

 汚盛り付けは気にすんな 。・゚・(ノ∀`)・゚・。


少し早い昼食を食べた後の会話

「そういえば今日皆既日食あったみたいやな」
「ホンマや〜忘れとったわ〜」
「テレビで観れるやろし、つべとかニコ動でも観れるやろ」
「そやな!なんにも用意しとらんと目ぇ瞑れるかもしれんし
 動画でみたほうがええな」(´▽`*)

 似たもの親子はこのあとそれぞれのPCでネットの波を彷徨い溺れていった…とさ


「宴日和」と「風のことずて」「宴日和」「風のことずて」で乾杯♪

 日本酒ってホント美味しいね
 夏はキンっと冷やして
 冬は熱ーくして
 常温で香りを愉しむ 
 外気温も酒の温度もアテの種類も選ばない

日本酒は世界一旨い飲み物だ

粋なこと

わたしが生まれ育ったのは
福井県嶺南地方の小さな町の下町風情のある場所で
ちょっぴり関西(京都)訛りの方言が話されてる
 いわゆる福井弁とはちと違う

子供の頃
両親の世代以上の人から聞かされた方言のひとつ
な」という言葉

この「粋」は(イキ)ではなく(スイ)と発音する

あの頃、住んでいたところには
家の前にお地蔵さん(詳細不明)があり
ななめ向かいに呉服屋を営むシミズさんがいた

シミズのおばちゃんは大柄で姿勢が良く
普段着物を粋(いき)に着こなす気さくな人

無口で人見知りなわたしにも
いつも優しく声をかけてくれた

当時、うちは自営業で子供が4人もいたので
食生活は美味しいものをお腹一杯食べられても
着る服はほとんど親戚のお姉さんのお古だった
その中でも気に入ったものがあるとそれを着て
真っ先にシミズのおばちゃんに見せに行ったら
必ず、笑顔で言ってくれた


えらいスイなカッコして
 かいらしわ〜



幼かったから意味は解からなかったが
可愛いとほめられるのが嬉しかった


小学3年生の時、同じ市の別の場所に引っ越し
「スイ」が「粋」であると判ったのは
かなり後になってから


実家の母が何年か前に病院で会った時
4人姉妹の誰よりもわたしのことを気遣ってくれたらしい
 子供の頃から、アカン子やったのかも(´∀`*)


母よりも6才年上のシミズのおばちゃん
達者だといいな・・・(´-ω-`)


ホンマの意味で粋(スイ)に生きられるやろか
背ぇ伸ばしてカッコようにおれるとええな…


静かな空昨日、心配していた雨も治まり
午後には青空、太陽も顔を覗かせた


さっき、実家の母に電話して
最初にシミズのおばちゃんの近況を訊ねたら
実の母親のことより大事なのか、と
ヤキモチ妬いて拗ねた(´∀`*)

 わたしよりも張りのある声だから
 元気なのが伝わるし…( ´Д`)


 ええ年して アホやな〜
 ちゃんと連絡してるやん
 機嫌なおしてな(* ^ー゚)

怖いのは

今夜もいつものように酔っ払い
が、まだ意識はあるつもりなので
忘れないうちに記録しておく

昨日のこと

仕事で忙しく現金をおろす暇がない息子に1万円を貸した
 利子なし即日返却条件で

「今日中に返せ(#゚Д゚)ゴルァ!!」と優しい母親
「鬼母氏ね( ゚Д゚)イッテヨシ」と素直な息子

が、週末は特に忙しいので夜11時過ぎても帰宅せず

そうこうしてる間に泥々酔っ払いのできあがり
   ↓
   ↓
   ↓
 以下、記憶なし
   ↓
   ↓
   ↓
翌朝(今朝)5時頃まで空白


息子の話では
返却された1万円(5千円札と千円札)を手にして
「一葉さんの顔が怖いわ〜o(`ω´*)o
 わたしの諭吉さんを返して〜ヽ(`Д´)ノ」
 と、理不尽な言いがかりをつけ絡んだらしい


そんなこと憶えとらんしヽ(´ー`)ノ


一葉さんたち財布の中味を調べたら
言いがかりをつけられた一葉さんがいた

みると一葉さんの顔に横筋がついてる
昨日、財布の中にいた諭吉さんは皺ひとつなかったのに…


 一葉さんは悪くない
 皺が怖いの(´・ω・`)

かたより

先月、最後の切り札だった愛車を手放して
しばらくは運転することもないだろうから
必要ないけれど、どんなものか知りたいが
なかなか手に入らないらしい「ETCカード」

わたしの血を見事に受け継ぎ 外出嫌いなうえ
高速道路利用は教習所の講習だけの息子に頼んでみた

「ETCカード持ってる人に頼んで写真撮ってきて」(ハァト


息子:ETCカードなら持っとるよ
さむ:( ゚Д゚)ハァ?使う予定あるん?
息子:今んとこ全然ないヽ(´ー`)ノ



なんか需要と供給に偏りがあるみたい


ETCカード







よくわかんないんだけど
世の中の仕組みって
歪んでるよね
おかしい
全てが

3月下旬

実家の母(昭和3年生まれ病気自慢上手)と電話で話す

 健康な食生活について語り合った

 長生きの秘訣とか料理のコツとかいろいろ


友達(広島在住ちょうど30才彼女なし)とメッセで話す

 陣内紀香の結婚生活について語り合った

 男性の立場の弱さとか愚痴っぽいのとかいろいろ



彼岸過ぎ3月下旬やよいおつ

 暖かい日もあったけど
 今夜は妙に寒くて
 ひと肌が恋しい



待ち望んでいた聖(セイント)☆おにいさん」第3巻が出版された
「聖☆おにいさん」3巻中村光「聖☆おにいさん」3巻







これを読んでると
アタシって幸せなんだなって心から思える
霊道方舟







   ※モーニング・ツー | 連載マンガの部屋
    中村光オフィシャルウェブサイト

安全祈願

昨日は三国成田山へ息子の自動車の安全祈願に行ってきた
三国成田山息子の車







祈祷料金は「10000円」「5000円」「4000円」
 いくらにするかは本人の気持ち次第
 考えるのが面倒なので真中を取って「5000円」にした
祈祷料金領収書(お守り引換証)とステッカー







正座してたら足が痺れて立てなくなるくらい丁寧に祈祷してもらう

祈祷料領収書(お守り引換証)に換わり「成田山自動車安全お守り」
 ありがたい 。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ
祈祷処成田山自動車お守り







以前まで使用していた車のお守りも納めてきた
 わたし(左)は何度か柱などにぶつけたりし
 息子(右)は2度スピード違反でキップを切られたけど
 大した事故もなく、無事今に至る
 実にありがたい(*´д`;)
納札所(ふるいおまもりおさめどころ)古いお守り(息子のとわたしの愛車の)







これからも事故なく無事に過ごせるように
この車で桜を見に来ることができるように
成田山と天の神さまと翔る龍タンと白い梅と桜の蕾にお願いした
みくに龍翔館と息子の車

走る諭吉

仕事の関係で単身赴任をしてた家族が戻ってくることになり
築40年朽ち落ち寸前のわが家が様変わりしつつある

仕様変化に伴い先立つものが必要になり
諭吉さんがわが家を駆け抜けてゆく

滅多にお目にかからなくて名残惜しいから
数時間滞在する諭吉さんを記念撮影した



大勢の諭吉さんが走ったら息子の車がやってきた
諭吉いっぱいヴィッツ







3年以上放置していた愛車スターレットに泣きながら別れを告げ
代わりに息子の車を迎える
 娘に2台買い与えたから息子にも2台目の車
 甘い親だと自覚してるから、多分これが最後

 分相応なものしか買わないし買えない

 自分の車なら維持費が安い軽自動車かな


 お金に執着するのって潔くないね

 なんか 今
 「昭和かれすすき」の気分だ(´∀`*)



刻かわり 走りゆくもの追い遣りて

 とどまる歩み 振り向く想い

荷を降す

どうやら今月中にも「世帯主」という大きな荷物を降ろすことができそうだ

 新(であり元)世帯主から午前中連絡があった

この5年間「責任」の糸に縛られていたのがとけてゆくのを感じる

 まだ今は大きな荷物が肩に乗ったままだから気は抜けないが


荷物を降ろしたあと、はたして余力はあるだろうか…

張り詰めていたものがなくなり呆けてしまわないだろうか…

荷物を放り出した途端、肩から羽が生え飛んでゆくかもしれない



自由がほしい


そんな願いが再び心の底から湧いて出た



愛車のマスコット「モン太」愛車の後部窓辺りにいたぬいぐるみ

 とぼけた顔がカワユス


新たな居場所を探してあげないとね…

特別な日

福井は昨日から気温が下がり
思い出したように雪が舞ってる
今日も朝から深々冷え込んで
まだ2月なんだよと囁いている


実家の父が先週、眼圧が異常に高くなり
緑内障の緊急手術をうけた
身体が頑丈な上に気丈夫で
滅多なことで根を上げたりしない父だが
高齢(大正15年生まれ)なのでやはり心配だ
気になって仕方ないので様子をみてきた
外は雪ひとりの部屋







術後、初めてお風呂に入った父は
顔色がよく、肌が艶々していた
腰もシャンと伸びて、声にハリがある


「まだ死んでやらんぞ!」と元気に笑う顔をみて安心した


 当たり前!まだ死なせてやんない!(´▽`*)



父の元気な姿をみたら
なぜだかケンタッキーフライドチキンが食べたくなった

 年に1度食べたくなるときがあって
 今日はその特別な日なんだ

ポットがうちと同じなのお客さんが少ないからね







時間のせいか(午後3時半過ぎ)雪のせいか
ほかに客がいなかったし
若くて可愛い女の店員さんだったから
「ドラムだけ6ピースお願いできますか?」と頼んでみた
いろんな事情があるみたいで、ワガママいえないけど
4ピース分のドラムを用意してもらえた(*´д`*)
ドラム好き♪初めて食べたポテト







「予告編」と酔っ払いの戯言
息子のノーパソDellのノートパソコン












 やることなすこと裏目に出てツイてない日もあれば
 意識してないのになぜかタイミングのいい日がある

 今日は10年に1度くらいのタイミングのいい日だった
 もし明日すごく嫌なことがあっても我慢できる(* ^ー゚)

ぬけがけ

東向きに開いた窓を眺めながら夕食の支度をしていると
いつもよりかなり早めの帰宅を告げる息子の声

無口な息子が早く帰宅した理由を饒舌に語り始める


 なんか違う…(°Д°)


振り向くと手には大型電器店で買い物したらしい大きな包み


「なに買おたん?」と訊く前に

「注文しとったパソコンが届いたって連絡があって取りに行った」

「初めて聞いたし」( ゚Д゚)


食事の支度もそこそこにして
新しいパソコンを見せてもらう
息子のノートパソコンsleipnir使い







「なんでDELLにせんかったん?しかもVistaやんヽ(´ー`)ノ」

「使いもせんとネットの情報を鵜呑みにするのもどうかと思うで」
「使こてから不具合があったのなら仕方ないけど」
「知ったかぶりを垂れ流して恥をかかんようにな」



 その通りで返す言葉がない(´Α`)

 ってことで
 しばらく体験学習させてもらうことにする

 Vistaは初めてだから楽しみ(*´д`*)

 購入価格は8万円程度でめっちゃお手頃♪


   ※息子のメインパソコンについての記事
    「パソコン購入」(2007年2月8日)



恒例(?)のパソコンと携帯の壁紙晒し
ノーパソ壁紙携帯壁紙

めいわく

子供がいつもより早く帰宅
顔を見るなり「ご飯は要らんよ」と言う
顔色は良いから体調が悪いのではなさそう

「どうしたん?」と訊くと
「余ったステーキを2枚も喰わされた(´Α`)」と返事


 なんとも贅沢な話だヽ(´ー`)ノ


思えば、子供が就学前の頃
夫の仕事の関係で社宅っぽいところに住んでいたとき
同じ年頃の子供を持つ母親同士でファミレスに何度か行った
そのファミレスには何種類かのお子様メニューがあり
中でもお得感がある「お子様ステーキ」をよく注文していた

ある日、子供がいう
「ステーキばかり飽きたな…(´・ω・`)」ため息を吐きながら
同じテーブルにいた母親仲間から
「お〜Σr(‘Д‘n)」の声が上がった


 昔からそういう子だった(´-ω-`)


ちょっと前に雑穀米の無料キャンペーンがあったとき
「試してみようか?」と言ってみたら
「なんでそんなものを試す必要がある!」と返ってきた


白いご飯とみそ汁と野菜の煮物と
あとちょっとの魚があれば誰も文句を言わない

 ホント経済的な家族だ(* ^ー゚)


迷惑メール迷惑メールフォルダの中に入っていた
迷惑じゃないメルマガ
タイトルが「迷惑メール対策…」って(´∀`*)

こんなメルマガを読んでもちっとも対策してないから
迷惑メールがてんこ盛りに来る

こうしてネタにできるから迷惑メールでもオイシイ(´▽`*)

半分ずつ

かなり前にブログネタにしようと買っておいた【エビス三昧】
エビスビールとエビス<ザ・ホップ>とエビス<ザ・ブラック>
エビス三昧エビス三昧(限定パック)







24本購入したのに
いつのまにか6本になってた(´Α`)

飲み始めると写真を撮るのが面倒くさくなるんだ(´・ω・`)

食べるのも然りなのでグルメブロガーになれそうもない

ギネスとエビスのリアルハーフ
リアルハーフエビス&ギネス







三連休なしで仕事だった息子が公休で
真っ昼間でもかまわん!一緒に飲もうぜ!と
動画を参考にして作ってくれたハーフ&ハーフ

ふたり分♪ちょうど半分じゃなくてもご愛嬌(´▽`*)

エビス好きの息子と
ギネス好きの母親が
昼間から飲んだくれる
自堕落で平和っぽくみえる家の外は
久しぶりの積雪と時折聞こえる雷鳴と


ギネス強化なリアルハーフちょうどじゃなくても

半分ずつで

いいことも

悪いことも

12月15日

12月15日12時15分の空「ハレルヤ」と歌い過ぎ行く年の瀬は

 光射しても 雲は残りぬ



 12月15日12時15分の南の空
 太陽が眩しい


昨日の夜から 38.2℃の熱を出し
好きなゲームやネットもせずに寝込んでいる子供

 子供といっても運転して病院にいける年齢だけど


年末年始の忙しい時じゃなくてよかったと思わなきゃ

明日は元気な笑顔をみせてくれるかな…

まるっぽ

  PCかブログに不具合があるみたいで
  コメントが反映されないし
  そのうえ
  セキュリティソフトが無効になってるし
  メールフォルダも表示されないし
  今夜は諦めて明日に回そう(´Α`)


広島在住の友達からメールがきた
1.福井の丸焼きって?







意味がわかんないからテキトーに返信
2.わからんけど







テレビ番組で特集があるらしい
3.ケンミンショー







気になったので見てみた
地元で普通にあることって日本の常識じゃないんだね
4.普通かと思った







 テレビ番組が終わってからも
 メールのやりとりがチャット状態で続いた
 ケータイメールってのも新鮮で楽しいね

 PCのキーを打つより丸々10倍時間がかかるけど(´・ェ・`)

いちじく

わたしも子供たちもあまり果物を食べない

リンゴや梨をむいて
食べやすいようにお皿に盛って
フォークなどを添えておいても
見向きもしない

これからミカンがおいしい季節になるが
テーブルの上においてあっても
食べるのは姑くらいだ

この前 メロンを貰ったから
食べやすいように切って
皿に盛って冷しておいたのだが
結局 姑とわたし(厭々)が食べた

家の庭には柿の木があり
これから実がなるだろうが
姑が少し食べるくらいで
あとは親戚やお世話になった人に配る

山にも柿の木が何本もあって
甘柿だけじゃなく 渋柿もあるので
つるし柿やあわせ柿にするとおいしいのだが
誰も採りにいかない
面倒だし

うちは農家で 5年くらい前までは
米と 夏はスイカ冬はキャベツを出荷していたが
今は夫が単身赴任で滅多に帰ってこないのと
姑が足が悪くなったので何も作ってない

が、子供たち(わたしも含めて)の果物苦手は
これが大きく関係している

夏になるとスイカが農作業小屋や台所に山のようにある
嫁いだ最初の夏に緑と黒の縞模様の丸い物体を見るのも
赤い実の中の黒い種をみたり匂いを嗅ぐのも厭になった
見るだけで匂いだけでお腹いっぱい

子供たちが小さい頃は 
イチゴやウリ、とうもろこしなどたくさん作ってくれた
最初は物珍しいから食べても すぐに厭きる

感謝しなきゃいけないのに贅沢な話だ

なんかホントごめん(´・ェ・`)


唯一買って食べる果物いちじく
 なぜだか解からないけど好き
いちじく1号いちじく2号







 無花果って よく見るとグロいよね(´▽`*)

いちじく2号の内臓グロいけど( ゚Д゚)ウマー








   ※イチジク - Wikipedia


グロい食べ物をもう一品「あさりの酒蒸し」

あさりの酒蒸しあのさ 

こいつら

5分前まで生きてたんだぜ…

なんだか

近頃 中の人が 甘くて冷たい食べ物を要求してる
  暑さのせいなのか…(;´Д`)


大型電気店の自動販売機で「ハーゲンダッツ抹茶味」を見たら
反射的に 財布を取り出し ボタンを押していた

ハーゲンダッツ抹茶味映っているのは 24年ちょい前に
お腹の中で育っていた息子の左手

その子も今は母親より大きくなり
体力も知力も気力も上回っている


足纏になる前に子離れしなくちゃ


「なんでミント味がねぇんだ!」と
文句を言ってる姿は
まだまだ子供だね(´▽`*)

けいたい

今朝、いつも枕元に置いてある携帯電話で
 ※正しくは「不携帯電話」もしくは「放置電話」
時刻を確かめようとしたら 電源が入ってないことに気付く
いつのまにか バッテリーが自然放電したのだろう
最後に充電したのはいつだっただろう…(´-ω-`)
思い出せないくらいずっと前のことだ

充電し終わってから 
念のため「メール問い合わせ」をしてみた

受信なし「1件もなし」

 要らんことするんじゃなかった(´・ェ・`)

 もうやめよう
 淋しい人だと思われるから


でも たま〜に知人や妹が
写真を撮って送ってくれる

真夏の昼下がりのジャズ喫茶で都会に住んでいる知人より

真夏の昼下がり
ジャズ喫茶で 
気だるい雰囲気の中
アイスコーヒーを飲んでいる



実家の母の書すぐ下の妹より

実家の母の最近の作品
 80の手習いなどと言ったら叱られる
   (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

わたしの文字は男っぽいらしいが
母のは 女らしい優しい感じがする

母娘なのに 字は全然似ていない…


どちらかというと
すぐ下の妹の字は優しいから母親似かな
プロフィール
記事検索
Amazonライブリンク
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
ギャラリー
  • シーズン終了
  • 秋の気配
  • なおして
  • 木曜日に
  • 木曜日に
  • 木曜日に
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ