日記のような、なにか

酔っ払いのひとり言と覚え書き

いちじく

いちじく

無花果
 はななくも やがては熟し みが割れて


  甘酸い香り 放たせし刻




いちじくイチジク







毎年今の時期になると
憑かれたように食べまくる「無花果(イチジク)」

見た目がグロいし
例のアレを連想してしまうし
わたし以外誰も食べないのに
いつも大量購入してしまうんだ

もしかして前世でなにか因縁があったのかもね…(´-ω-`)



   ※いちじく(無花果/イチジク)のページ
    イチジク - Wikipedia

いちじく

わたしも子供たちもあまり果物を食べない

リンゴや梨をむいて
食べやすいようにお皿に盛って
フォークなどを添えておいても
見向きもしない

これからミカンがおいしい季節になるが
テーブルの上においてあっても
食べるのは姑くらいだ

この前 メロンを貰ったから
食べやすいように切って
皿に盛って冷しておいたのだが
結局 姑とわたし(厭々)が食べた

家の庭には柿の木があり
これから実がなるだろうが
姑が少し食べるくらいで
あとは親戚やお世話になった人に配る

山にも柿の木が何本もあって
甘柿だけじゃなく 渋柿もあるので
つるし柿やあわせ柿にするとおいしいのだが
誰も採りにいかない
面倒だし

うちは農家で 5年くらい前までは
米と 夏はスイカ冬はキャベツを出荷していたが
今は夫が単身赴任で滅多に帰ってこないのと
姑が足が悪くなったので何も作ってない

が、子供たち(わたしも含めて)の果物苦手は
これが大きく関係している

夏になるとスイカが農作業小屋や台所に山のようにある
嫁いだ最初の夏に緑と黒の縞模様の丸い物体を見るのも
赤い実の中の黒い種をみたり匂いを嗅ぐのも厭になった
見るだけで匂いだけでお腹いっぱい

子供たちが小さい頃は 
イチゴやウリ、とうもろこしなどたくさん作ってくれた
最初は物珍しいから食べても すぐに厭きる

感謝しなきゃいけないのに贅沢な話だ

なんかホントごめん(´・ェ・`)


唯一買って食べる果物いちじく
 なぜだか解からないけど好き
いちじく1号いちじく2号







 無花果って よく見るとグロいよね(´▽`*)

いちじく2号の内臓グロいけど( ゚Д゚)ウマー








   ※イチジク - Wikipedia


グロい食べ物をもう一品「あさりの酒蒸し」

あさりの酒蒸しあのさ 

こいつら

5分前まで生きてたんだぜ…

プロフィール
記事検索
Amazonライブリンク
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
ギャラリー
  • シーズン終了
  • 秋の気配
  • なおして
  • 木曜日に
  • 木曜日に
  • 木曜日に
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ