日記のような、なにか

酔っ払いのひとり言と覚え書き

家族

さて、と

実家の母から夕食支度時に電話がかかってきた
忙しい時間なので用件だけ適当に訊き切り上げる

話し足りない気はするがまた明日電話するからいいや

 と思っても
 高齢の両親は明日という日が待てなくて
「明日じゃ遅い
 今すぐやらなきゃ」と
 のんびりやの娘に言いきかせる

のんきな娘も重い腰をあげ
そろそろやらなきゃ
なにかやらなきゃ
言いきかせる
自分自身に


さて、と
って
なにからやればいいんだろ?


25才毒男の侘しい晩酌風景25才毒男の晩酌風景

(多分)彼女なしの侘しさが
そこここに伝わってくる

 (幸せな結婚もあるよ)と
 妄想マニアが呟いておいた

 前向きに生きていきたいね(* ^ー゚)


   ※毒男とは - はてなキーワード
    毒男 - Wikipedia

走る諭吉

仕事の関係で単身赴任をしてた家族が戻ってくることになり
築40年朽ち落ち寸前のわが家が様変わりしつつある

仕様変化に伴い先立つものが必要になり
諭吉さんがわが家を駆け抜けてゆく

滅多にお目にかからなくて名残惜しいから
数時間滞在する諭吉さんを記念撮影した



大勢の諭吉さんが走ったら息子の車がやってきた
諭吉いっぱいヴィッツ







3年以上放置していた愛車スターレットに泣きながら別れを告げ
代わりに息子の車を迎える
 娘に2台買い与えたから息子にも2台目の車
 甘い親だと自覚してるから、多分これが最後

 分相応なものしか買わないし買えない

 自分の車なら維持費が安い軽自動車かな


 お金に執着するのって潔くないね

 なんか 今
 「昭和かれすすき」の気分だ(´∀`*)



刻かわり 走りゆくもの追い遣りて

 とどまる歩み 振り向く想い

荷を降す

どうやら今月中にも「世帯主」という大きな荷物を降ろすことができそうだ

 新(であり元)世帯主から午前中連絡があった

この5年間「責任」の糸に縛られていたのがとけてゆくのを感じる

 まだ今は大きな荷物が肩に乗ったままだから気は抜けないが


荷物を降ろしたあと、はたして余力はあるだろうか…

張り詰めていたものがなくなり呆けてしまわないだろうか…

荷物を放り出した途端、肩から羽が生え飛んでゆくかもしれない



自由がほしい


そんな願いが再び心の底から湧いて出た



愛車のマスコット「モン太」愛車の後部窓辺りにいたぬいぐるみ

 とぼけた顔がカワユス


新たな居場所を探してあげないとね…

そんざい

母とすぐ下の妹と電話で話す

母は相変わらず 元気な声で安心した

すぐ下の妹から 滅多に聞くことのない心に刺さる言葉を聞いた

「両親と同年代の近所の人たちが 次々いなくなってるんやから
 たまには顔を見せてあげんとあかんよ お互い 若いことないし」

 ほんまやな
 会いに行かな、な…



真夜中 目を覚ましたときに
ふと 隣を見たら
寝息をたててる君がいて
その寝顔を見てたら
また 安心して寝入ることができた


音もなく 光さえない闇の夜に
 ぽっかり浮き出る 君の背中が 

親ふこう

80才を越した父と母の会話

父:わしは ほんまに幸せもんやわ
  美味しいもんを食べることができて 
  好きなことをさしてもろて
  こんなに幸せなことはないわ

母:そんな言葉を聞けるだけで こっちも幸せや
  わたしは長生きして
  じいちゃん(父)と娘らを見送ってから逝くし
  安心してや


物心ついた頃 
決して 仲が良いとはいえなかった両親が
今は 仲睦まじい老夫婦になっている

子供の頃の いろんな確執は すべて忘れた

今は 1日でも長く生きてほしい


そして ワガママ 自分勝手 親不孝なのは
よ〜く解かっていて あえて言う


両親より 先に逝きたい



「十三夜のお月さん」
十三夜の月







  午後7時38分 東の空

   ※月 - Wikipedia
    月齢

こそだて

娘と息子を 産み育てて 思ったこと

女の子は甘え下手 
母親に対して ライバル視してるのか
独立心旺盛 親離れが早い

男の子は甘え上手
父親に対しては 知らないけれど
いくつになっても子供 いつでも子供


未熟な母親に育てられた子供たちへ


わたしが母親で ホントごめんね
母親を育ててくれて ありがとう
生まれてきてくれて ありがとう

元気でいるのが 一番の親孝行だよ


もう一度 生まれ変われば 
ちゃんとした子育てがしたい 君たちのため(´-ω-`)

「子育て」崩壊!

実家でのこと

ブログネタ
写真日記 に参加中!
昨年秋から 半年足らずの間に
今回で5度目の帰郷。
やっと実家の雰囲気にも慣れ
ゆっくり寛げた。

今回、集まったメンバーは
両親と すぐ下の妹と マイ。
一番下の妹夫婦、そして ナツとサキ。
あとから、妹の相方(夫)が顔を出してくれた。
次の日に三番目の妹夫婦と姪ふたりも加わった。
みんなで賑やかに騒いで 楽しい夜だった。

すぐ下の妹が「アジの甘酢漬け」を作って持ってきてくれた。
甘いお酢の香りが食欲をそそるのだが
その汁を 車の助手席のシートにこぼしてしまった。
お酢の匂いって、かなり強烈でなかなか取れないよ。
と、人事のように笑ってみていた中で
たったひとりで車の掃除をしてくれたヨシダさん。
すぐ下の妹の車を掃除するヨシダさん
ひとりでお掃除、お疲れさま!
自分の車から ファブリーズを取ってきて
とても丁寧に掃除してくれた。
手伝おうとしなくて、ごめんね。
みんな感謝してるから(* ^ー゚)


すぐ下の妹の名誉の負傷妹の名誉の負傷。
誇らしげに指の怪我をみせてくれたすぐ下の妹。
怪我した理由?
聞いちゃいないよ(´▽`*)




みんなで騒ぎまくったから 宴会の様子やご馳走はほとんど撮れなかった。
みんなの様子みんなで食べよう







食べたもの写真を撮れなかったのは
それだけ、話をするのに忙しくて
楽しかったという証拠かも。





車の掃除をしてくれたヨシダさんのデジカメ。
わたしのショボイのよりは ずっといい。羨ましい(´・ω・`)
デジカメ前面デジカメ裏側

妹んちの猫(かぞく)

ブログネタ
猫好き集まれ! に参加中!
猫や犬、いろんな動物は ペットとか家畜なんかじゃない。
家族のひとりだと思ってる。
家の中で 一番大切にされているのは
人間じゃなくて 猫ちゃんたち。
もの言えぬ家族は 話さない分、目としぐさで語る。

クルミ1
すぐ下の妹んちの家族の一員 クルミちゃん。
すごく優しくて いい表情をしてくれる。
あんまり猫っぽくない。




クルミ2クルミ3







クルミ4クルミ5







ほかの子たちは いつも以上に上手く撮れなかった。
ボケボケのミルクちゃんと クロちゃん。
次は 上手に撮るからね。
ミルククロ








クルミ
外眺め 大空飛びたつ鳥たちの
自由を羨み ぬくぬく暮らす










クルミちゃんをモフモフ。
どんなことをしても嫌がらない。しつこくしてごめん。

今日は

ブログネタ
日記。 に参加中!
数年前からつきあっていた友達と
実家の父親、妹と 久しぶりに話をした。
いつもと違うのは、自分から、電話したこと。
長い時間 話が出来たから
満足だった。
大切な時間を奪ってしまったかな。

みんな元気で安心した。

また電話するけど、邪魔したらごめんね。
見かけた06.06.15

今日の出来事

ブログネタ
日記 に参加中!
子供を成人まで育てて、良かったと思ったこと。

ビールなどアルコールを切らした時に
いつでも買い物を頼めること。

一番近いコンビニまで車で五分
アルコールがあるコンビニまで車で10分かかるから
自分で買い物に行くのは無理。


ポリフェノールたっぷりで身体に良い「紫蘇酒」を買ったが
飲んでみると わたしには甘すぎる。
アルコール度数が8%と日本酒よりも低いので
炭酸水で割ると薄すぎる。
ビールで割ったら、ちょうどいいかも。
ということで、ビールはもったいないので
一番安い発泡酒か雑酒を買ってきてもらうことにした。

やってみたら、案外美味しい。
我ながらいい考え。
そして、持つべきものは優しい子供たち。
これでお酒の相手をしてくれたら、言うことなしだけどね。
紫蘇酒

風邪大流行その後

ブログネタ
日記 に参加中!
姑は 昨日まで熱が38℃もあったのに
今日は平熱で、食欲もりもり。
いつものように、家の中で一番元気で 好きなことをしている。

息子は まだ微熱があるけれど
朝早くに登校し、
帰宅してからも 課題やレポートに取り組んでいる。
食欲もあるので なんとか大丈夫みたい。

娘は もう熱も下がって、食欲もりもり。
今朝も 路面が凍っていたから
早い時間に起きて、仕事に出かけた。

わたしは…
熱なし、風邪の自覚症状なし。
食欲あり、体重増加傾向、大いにあり…


姑に 風邪の見舞いが届いた。
たった一日、熱が出ただけなのに…
でも、「リュンヌ苺」「バウムクーヘン」「ベイクドチーズケーキ」
おいしかった。「リュンヌ苺」「バウムクーヘン」「ベイクドチーズケーキ」

選ぶことができなかった人に

今日は家族の誕生日。

身体だけじゃなく、精神的にも母親を越えているだろう。

生まれてくれて、ありがとう。

産んで(生んで)しまって、ごめんね。


子供は親を選べない。
人は 未熟なままに子を産み、育てる。
わたしは 子供を授かることを望んだけれど
子供は どんな思いでいるのだろうか?
わたしの元で育ったことを、少しでも幸せに思ってくれたら…
まだまだ未熟で半人前な母親だから。


風呂あがりでパジャマ姿の息子。
そばに娘もいたから 撮ろうとしたけれど、ダッシュで逃げられた…
なにしてるの?

子供の頃、一緒に暮らした愛犬の夢をみた。

ブログネタ
雑記☆ に参加中!
空に旅立ってから、10年以上経つのに 今でも忘れられない。
可愛いワンちゃんに会うと 思い出す。

今朝見た夢は、あまりに鮮明だったので、何かを伝えに来てくれたのかもしれない。

ヨークシャーテリアで立派な名前がついてたけれど
呼びにくいので、実家の母か妹がつけた、「ペロ」。
ほんとに うちの家族は名前をつけるセンスがないね…

わたしが中学二年生のときに 実家で暮らすようになった。
すごく臆病で、17年間いちども自分の足で外に出たことがない。
でも、ドライブは大好きで、車のキーをもって、
「ドライブいくよー」と言っただけで、抱っこしてほしくて、肩に飛びついてくる。
玄関を出てから、車に乗るまで、怖くて ガタガタ震えてるし。
身体は小さいのに 気が強くて、一緒に暮らしていた猫が遠慮してたくらい。
家族に対しては、特別やさしくて、可愛かったけど。
自分のことを、人間だと思い込んでいたのかもね。
わたしたちも、家族の一員として、末っ子として、可愛がっていたし。
一緒に暮らした思い出を書き始めると キリがないので 終わりにする。

そのうち、嫁いで、実家に帰る機会も少なくなり、
年をとっていく様子などは あまり憶えてない。
今朝の夢に出てくれたときも 元気いっぱいで可愛い若い頃の姿だった。

わたしも、実家の両親も、妹も、二度と犬を飼わないと思う。
それくらいかけがえのない存在だったから。

夢に出てきてくれて、ありがとう、ペロ。


昨日の続きの写真。なんとなく 丸くしてみた。
日本酒

家族のこと

日記の中で「家族」というときは子供たちのことを指している。
子供と書かないのは 
ふたりともお酒を飲んでもいい年齢で 既に大人だから。

家族と一緒にお酒を飲むのを楽しみにしていたのに
娘は飲めない。息子は飲めるけど飲まない。
母親が飲んでいるのを 横目で冷たく見ているだけ。

でも、いいこともある。
家族と食事に行くとき いつでもお酒が飲めること。

運転席は息子、助手席は娘。
後部座席を占領して、ゆったり横になっているわたし。

あ〜あ、年齢がばれた…

ゴールデンウィーク真っ最中

家族のネット友達が 泊りがけで遊びに来てた。
特別なもてなしをしてないし
そんなに気を遣わなかったはずなのだが
「四六時中、ネットをしている人」と思われたくないので
頑張って、家事をしている振りをしていた。

やっぱり無理した。疲れた。

毎日 ぼんやりしすぎてるもんね。
たまには 家の中で緊張感を味わうのもいいかもしれない。

みんなの黄金週間が終わってからが わたしの休みだ。
ひとりでのんびり、勝手気ままに過ごすぞ。

「誰がそばにいても 勝手気ままなくせに」
ぼそっとつぶやく家族の声は 
聞こえなかったことにする。

風が強い。天気が悪い。

部屋の模様替えをする計画を立てていたけど
手伝ってもらう家族は
毎日、仕事で大変な思いをしているのだから
連休中くらい ゆっくりと身体を休めてもらうことにした。

模様替えは中止ということに決めた。

本当は面倒くさくなっただけ。
風が強くて、天気も良くないし。

無理して 気分転換しなくても
毎日の掃除が行き届いていたら 充分でしょう。
あんまし丁寧な掃除をしてないけどね。

さて、いつものように「吉本ファンダンゴTV」をみながら
お酒でも飲もう!

ゴールデンウィーク

毎日がお休みという生活をしているので
大型連休なんて 嬉しくもなんともない。
それどころか ネットの時間が確実に減るわけで
迷惑な話である。

邪魔をしてくるとか、うるさく話しかけられることはない。
お互いの趣味を 各自で楽しんでいるだけなんだが
いつもの あんなサイトやこんなサイトに
訪問できなくなるじゃない!
家族の目を気にすると 思う存分に楽しめない。

十日間は長いなー。
仕方ないから 部屋の模様替えでもしよう。
思う存分に 手伝ってもらおうっと。

ストレス解消して 部屋もすっきりし 一石二鳥かな。
身体を動かして ビールもおいしくなるし
もっとお得な気分になれる、はず。

とりあえず 今は得した気分だ。
さあ、これから飲むぞ〜

すっぱいものが好き

酢をそのまま飲むことができるくらいに
すっぱいものが好き。

子供の頃は 酢の物は苦手だったのに。
お酒の味を覚えてから 嗜好が変わってきたのかな。

今夜の夕食にも酢の物(豚肉の甘酢和え)を作った。
おいしい。野菜もたっぷりでヘルシーだと自己満足。

なのに、家族の箸がすすんでない。なぜ?

「お酢は身体にいいから、いっぱい食べてな」
「なんか、お腹の中で酢漬けできそうやで」

はい、すっぱすぎましたか、そうですか。

お酒を飲みながら 料理するのは控えよう…

酢の物に限っては。

ストレス解消

毎日、ひとりで文句を言ったり お酒を飲んだり 
ストレスがたまるような生活はしてないはずだけど
運動不足解消も兼ねて、ストレス解消。
不要なモノをいっぱい捨てた。

今回は押入れの天袋を重点的にということで
背が低く、高いところが苦手なわたしは 口だけ参加。
文句を言う係として、頑張った。

さあ、気持ちも部屋もすっきりしたよ。
今夜のビールはおいしいぞー

家族は かえってストレスが溜まったようだったけどね。

なんだろうね〜

今日の占いで「あなたの恋愛運は最高です」
なんてでてくると 損をした気分になってしまう。
「その運を 金運か健康運にまわしてよ!」と言いたくなる。

今朝もテレビに向かって ぶつぶつ文句を言っていたら
隣に座っていた家族が おかしそうに笑っていた。

もしかしたらこういう事が
「最高の○○運」なのかもしれないね。

心の中で感謝しつつも
出てくる言葉は 「いってらっしゃい♪」ではなく

「今日は生ゴミを出す日やから 忘れんといてな〜」
プロフィール
記事検索
Amazonライブリンク
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
ギャラリー
  • シーズン終了
  • 秋の気配
  • なおして
  • 木曜日に
  • 木曜日に
  • 木曜日に
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ