日記のような、なにか

酔っ払いのひとり言と覚え書き

みかつき

三日月こよひみかつき
みっかすきにし

よっかすきれば
おもひはふくれ

われつきまとひ
うとまれなから

じゅうごやまで
こひこかれつつ

あとはきえゆき
そらへとうきぬ


  ※月齢
   The Moon Age Calendar 満月を月齢カレンダーで探そう

三日月 絢香

抽象的に

室内温度9℃ファンヒーターのタイマーをセットし忘れた

寒くて寝床からなかなか出られなかった

室内温度9℃ 寒いはずだ

 外が明るいって事は
 寝坊したのよ〜(´∀`*)


朝から霙、霰、氷雨が降る


ほんの少しでも
君が笑ってくれるだけで
僕の心の闇に陽が差すよ
ほんの少しでも
君が淋しそうにしてたら
ピエロにだってなれるよ
ほんの少しでも
君が哀しそうにしてたら
僕はどうすればいいの?

君のほんの少しは
僕には大きなことなんだ

だって
君は僕のすべてだから



詩と一緒に浮かんできた曲「しるし」Mr. Children


北陸の冬は重く暗いけれど
ときには暖かい太陽が顔を覗かせる
 午後3時56分の南の空
午後3時56分の空

なあに?

ほんとうに大切なものは失ったときに解かるっていうけれど

失う前に気がつけば大切なものを手放さずにすむんだろうか

それがなんだか気がつく前に失ってしまい後悔しないように

大切なものを箇条書きにしようか今からそれを探し出すんだ

たくさんあるうちのアレとソレとコレと…コレってドレなの?

大切なものはいったいなんなの?要らないものってなあに?

「プライベート・タイム」森瑤子

お盆過ぎ

お盆過ぎた夕方6時過ぎの海お盆過ぎた夕方6時の海岸

人ひとりの影もない砂浜で

カラスが数羽 空を見ていた

もうすぐ終わる夏の欠片を

拾ってるのかもしれないね



裏山の蝉たちも終わる夏を惜しんで
精一杯の声で鳴いている
君たちの姿は探したりはしない
声を聞いているだけで充分だから

ゆく夏を 惜しむがごとく 蝉時雨

待ってる

空を見てこの空の ちょっと先
君がいるって思うから

頑張れるような気がする

足りない

今 不足してるもの


知性 教養 絶対的な経験 努力 根気

美貌 若さ 身長 運動量 集中力 忍耐力

洞察力 社交性 積極性 柔軟性 落ち着き

動体視力 反射神経 筋力 歌唱力 思いやり 

色彩感覚 器用さ センス ユーモア 判断力


そして…

残された時間 君への愛 君からの愛



「恋愛関係」森瑤子「恋愛関係」森瑤子

女の心意気 プライド 粋
いさぎよさ 度量の広さ ユーモアのセンス

オトコと真剣な遊びをするためには不可欠な要素
     らしい…

 アタシにはそのどれもが足りてない(´・ω・`)

たてよみ

いま きみのこえが きこえたよ
とおくから ぼくをよんでるこえ
おもいででしか なかったはずが
しずかにわきでるあらたなおもい
いまからいくよ きみのところへ


きらきらと ひかる
みずかがみ ながめながら
がめんにうつるだれかをさがす
すべてのおもいが
きのうのように



にしおかすみこになって追加してみた


さぶあどれす ついかして
また きみとはなしだす
あやまるなんていいんだよ
いろいろあった しかたない
こうしてはなす それだけでいい

  (´・ω・`)スマソ
  酔っ払いなの
  見逃して(*´∀`)


   ※縦読み - Wikipedia

半分

半分は解ったよ
知らない君も多いかな

君は半分しか
わかってくれないって
思うんだろうけど

半分は残しとく
知らない君を残しとく

君は僕には
永遠に解りきれないって
思ってしまうから

ちょっとだけ解ってく
知らない君を残しとく


あのさ
君は 僕のこと
どれくらい
解ってる?

もしかして…

スランプ

書けない 書きたくもない だから書かない
 
ネタがない なにもない 思いつかない

なにみても 感じない 心がない

頭ん中 ウニになってんのか

もしかして 石化したのかよ

そりゃないぜ



なんてコトバが 
RAPのリズムで
頭ん中まわってんだぜ

末期症状ってことなのか (((( ;゚Д゚)))


福井駅1年ちょい前の福井駅

今まで撮った写真を整理していたら
未アップのものが何枚もあった
そのうちの一枚

1年だけじゃ 変わんないね…(´-ω-`)

桜だより

君から届く 桜の便り

年に一度のラブレター

ずっと ずっと

待っていた

君の便り

君が頼り



君が…

春に呼ぶ声

実家の母から電話がかかってきた

「桜が綺麗やから 帰っといで」

子供の頃 
春になって
風が暖かくなると
当たり前のように
咲いていた桜が
今 思い出の中にある


母の声が呪文のように聞こえる

「堤防の桜が 満開になるで」

帰ろうかな
帰りたいな
やっぱり帰ろう

両親に会うために 
綺麗な桜を観るために
子供の頃に戻るために

辛口日本酒゙(゚д゚)ウマ-桜っていいねヽ(*´д`*)ノ

花見酒はもっといい( ´∀`)つ 旦

てか 飲めりゃなんでもいい(´▽`*)



 日本人でよかった…(´-ω-`)

甘い言葉

ねえ 一番幸せなときって いつ?

えっとね 君のこと 考えてるとき


ねえ 笑ってるよ 空が
太陽が眩しいね

ボクは 太陽より 
キミの笑顔が 眩しいんだ


 あたたかい春になったら 
  チョコレートつまんだだけで 
   とろけてしまう

甘い誘惑恋のかけひき







  甘いセリフなんて いらないよ

  言ったら 歯が融けてしまって

  聞いたら 身体中痒くなるもん

花粉症

あと三回 くしゃみがでたら
君に会いにいくって
決めてたのに
 
外は雨 

でもいこう 
君いるとこまで
大好きな水色の傘をさして

鼻水も くしゃみも 涙も
雨が洗い流してくれるから

鏡の前で練習した笑顔と
この言葉を届けよう


ずっと好きだよ…



  もう少しで桜の季節だ(´-ω-`)



昨年の春アップしたのが削除されずに残ってた
「ここにしか咲かない花」 コブクロ

  もうアップロードできないけど 残っているものは大切にしよう


   ※コブクロ - Wikipedia
    コブクロ/歌詞:ここにしか咲かない花

かたおもい

ボクが キミをずっと見つめていても
いつも どこか遠くを眺めているよね

こんなにそばにいるのにさ
気がつかない素振りしてさ

なのに ちょっとよそ見をすると
キミはふくれて 鈴を鳴らす


どこを見てるの?なにしているの?
アタシだけ見て よそみしないで

アタシはいつも感じていたい
あなたの視線を感じていたい

解かってるでしょ アタシの想い
離れられない 離れたくないのを


パソコン辺りにいる住民たち
キミとボクもしかしたら 
こんな恋物語もあったりして

空想の中にいるヒロインは
意地っ張りで 素直じゃない

可愛くないね 誰かに似てて

降板

家庭という舞台で
いい夫 いい妻を演じる役者たちが
演じるのに疲れ
夫や妻の役から降り
舞台から降りる

疲れた心と身体を休めたら
また 舞台にあがり 
新しいパートナーを探し
次の役を演じる人もいる
同じパートナーと一緒に
新たな舞台を踏む人もいる

そして
もう二度と舞台にあがれない人もいる


 え?わたし?
 わたしは…


舞台降り 演じる芝居を
ひざ抱え 眺めるわれは 大根役者


 大根役者って 死語なんかな?

「さよならに乾杯」08.02.15

緊急発進

ブログネタ
に参加中!
森瑤子のエッセイ「スクランブル」

「スクランブル」森瑤子著あなたと出会ったとき
なぜか胸が苦しかった
あなたと出会うために
生きてきた、いままで

初めて出会ったときに
別れを予感してしまい
今会ったばかりなのに
別れを思って心が痛い

だから今を大切にしたい
この時間を大事にしたい

あとどのくらいなの?
こんな時間いつまで?
あと何回?ねえ教えて

ねえ会いたい…

雪化粧

ブログネタ
に参加中!
電線も ふんわり雪で覆われた

真っさらオモイで 雪の化粧を


綺麗な雪に空がうっすら頬染めた雪の朝







 いろんな色が隠されて

 真白に染まった雪の朝

 青い空がうっすら頬染め 

 恥じらいながら 雲隠れ 

 みんな みんなが 雪化粧


雪化粧電線もふんわり白く染められた







   今朝7時過ぎにベランダから撮った雪景色

  このあと 青い空と朝焼けは隠れてしまい
  白と黒の雲に覆われ モノクロの世界になった

冷凍保存

ブログネタ
に参加中!
冷凍保存キミの心が変わらぬように
このままずっと保存したいよ
冷凍室に閉じ込めてしまおう

アタシの心も変わらぬように
キミと一緒に閉じ込もるから
変わらぬ想いや なにもかも

氷の心 氷の優しさ 凍った光 凍った想い

ブログネタ
日々の戯れ言 に参加中!
雪だ 雪が降る
大きな冷蔵庫の中に
はいりこんだみたいだ

雪が降るぬくぬくおうちから
ひえひえおそとへ
とびだして
ゆきをかんじる
てと かおと したで
しろいゆきがてのひらでとけたら
あたしのほっぺと はなと てが
べにのいろにそまったよ
さむいねっていったことばが
しろくかわった ゆきのいろに

  今日の午後4時44分 ベランダから撮影

真冬

暖かかった昨日とは打って変わり
今朝は 雪
そっと優しく 大地や樹々に降り積もる
灰色く汚れたアスファルトや屋根を覆い隠すように
あたり一面 真白に染める
今 外に飛び出したら
アタシの心も染めてくれる?

白く冷たい 雪の世界


昨日は暖かくて 季節を忘れた客が訪れた
「真冬のカメムシ
こんな真冬にカメムシが…08.01.12ずっと部屋にいてもらうわけにいかないので
窓から 外に出てもらった
そして 今日の雪 
季節外れの客は 今頃どうしているんだろう
。・゚・(ノ∀`)・゚・。

この写真は昨日アップするつもりだったが
ジャズについて 熱く語り合っていたから
ブログの記事にする余裕がなかった
語り合っていたのは「ニコニコ動画」のジャズ仲間たち
彼らは 専門的な知識を持っていて 何でも教えてくれる
頼もしい仲間だ(´▽`*)


昨日は招かれざる客だったけど
今日は嬉しい客がきてくれた
セイコタン08.01.13セイコガニ
 今シーズンはこれで最後かな…

色っぽく流し目でわたしをみてるセイコタン
食べちゃいたいくらい可愛い(*´д`*)
プロフィール
記事検索
Amazonライブリンク
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
ギャラリー
  • シーズン終了
  • 秋の気配
  • なおして
  • 木曜日に
  • 木曜日に
  • 木曜日に
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ