日記のような、なにか

酔っ払いのひとり言と覚え書き

詩歌

ブログネタ
写真日記 に参加中!
左手の甲青々と浮き出る筋は 
生きている証(しるし)なのかな
なんだか疲れた…



自分の手だけど キモヒ(´Α`)


ミニSDカードいまさらって感じかも
この前、やっと「ミニSDカード」を買った。
値段は これより高かったような気がする(´・ω・`)

ケータイメールや送ってもらった写真がたまってたし
それを保存したかったから。
マニュアルをみなくても 
楽々 操作できたのが嬉しい(゚ー゚*)





これからはケータイ写真もいっぱい撮って
アップしようかな。
左手首最初は 握り締めた左手。
特に意味はないんだけど(´▽`*)











右手首初めて登場する 右手首。
きつく握り締めても 
意志は弱く おつむも弱い(´・ェ・`)

舞台のうえで

ブログネタ
短歌 に参加中!
それぞれが 演じ続ける 恋愛劇(ラブストーリー)
誰が欠けても 幕は上がらず

「贅沢な恋愛」声高にセリフ響かす人の陰
ひとり芝居を パントマイム(無言のまま)で

演出は 台本通りに進めても
アドリブばかりじゃ エンドマーク(終わり)みえない

実家でお花見

ブログネタ
風景 に参加中!
実家近くの桜
懐かしき人、花 吾を呼んでいる

われも桜と君をよんでる








何年も前から 桜咲く季節に実家に帰ろうと思ってた。
昨年、ある人が撮った桜の写真に出会ってから
今年こそ 実家の窓から堤防の桜をみようと決めた。

実家でお花見実家でお花見







実家でお花見
今の時季 実家の窓には 薄紅の

桜はなびら 壁紙のよう




そして きのう
やっと 実現できた
天気にも恵まれて(四度目の正直でやっと…)
いいお花見ができた 
いいお酒が飲めた(*´д`*)
実家でお花見実家でお花見













実家の窓から見える桜
ふるさとの桜見ながら飲む酒は 

幼き頃の涙の味か




っていうか 同じ構図の写真ばっかり(´・ω・`)

音楽とは…

ブログネタ
音楽と日々のたわごと に参加中!
◇音楽は背徳を伴わない唯一の官能的な愉しみである。
      by サミュエル・ジョンソン

◇音楽とは、言葉をさがしている愛である。
      by シドニー・ラリエ

◇音楽だけが世界語であって、翻訳される必要がない。
 そこでは魂が魂に話しかける。
      by アウエルバッハ

◇耳にきこえるメロディーは美しい。だが聞こえないメロディーはさらに美しい。
      by ジョン・キーツ

◇音楽は空気の詩である。
      by ジョン・パウル(独・作家)

◇人生の謎、喜び、哀しみ、そして平安…こうした神秘的な経験を表現するのには
 言葉よりも音楽のほうが適している。
 幾千の言葉を重ねたところで、文学は音楽にはかなわない。
 優れた音楽は、疲れた知性に清涼感を与え
 そして悩める感情に慰めをもたらしてくれる。
      by ポール・ブラントン



音楽と曲名や作曲家を結びつけるために
最近、通いつめているサイトBroad Band Orchestra(ブロードバンドオーケストラ)」


心が疲れたとき 歌詞のない曲を聴いて
癒やされたい 春の早い朝に

実家にあった香炉(伯父の形見)
言葉など 虚しいもので 

叫んでも 君には届かず 空(くう)を彷徨う

甘くていいのなら

ブログネタ
短歌 に参加中!
ユーミンの歌詞にあったよね あのフレーズ 「君がいなけりゃ 歩けやしない」

おやつ07.04.09めちゃでかいクシャミしたあと 
ふと思う 
なんか悪口 言われてるかな(´-ω-`)

君望むことならなんでも叶えちゃう
魔法の呪文「ルテミケダミキ」

月を見て

ブログネタ
短歌 に参加中!
春だねえ〜 冬の間に溜め込んだ すべて 
空へと 放り投げよう


月を見て心はキリギリス 身体はアリさん
セミみたいに 生きてるけれども
カメムシのように 生きてもみたい
ゴキブリみたいに 扱われたくない

花や木が元気いっぱいになる春
虫たちも一緒に元気いっぱいだ



桜咲く季節が過ぎたら
どうやって生きていこうか これから先を

目刺し

ブログネタ
短歌 に参加中!
生きてきて ほんとによかった 今朝もまた いつもの食卓 君がいるから

目刺しはらわたの苦い歯ざわり噛み締めて
   生きてる幸せ 辛さを味わう

頭からバリバリバリと 目刺し食べ
   冷酒飲み干し ストレス解消

おもい

ブログネタ
短歌 に参加中!
寝過ごして 慌しい朝 浮かびくる 昨夜の君のなにげな言葉(フレーズ)

いつの日か 想いは褪せる そんなとき 来るんだろうか それはいつなの

明日もただ 今まで通りに過ごすだけ キミサエイレバ ソレダケデイイ

2007.03.22

は ら は ら

ブログネタ
短歌 に参加中!
吾に得を説く時 君の言の葉が
   春風に舞い はらはら飛んだ

なにみてる? 君の視線が 違うトコさまよい
   我は ハラハラ うんざり

前髪が はらはら額にかかる春
   重くなったし 切っちゃおうかな

折り紙

ブログネタ
ヒトリゴト に参加中!
越前和紙







机の引き出しを掃除していたら 見つけた「越前和紙」
昨年末 どこかで貰ったものをしまっておいた。
少し厚めで 金箔入りの丈夫な和紙だ。
このまま放置しておくのは 可愛そう。
童心に返って 折り紙でもしてみよう。

折り紙なんて 何年ぶりだろう(´-ω-`)
最初は 定番の鶴を折ってみよう。
2羽の鶴
寄り添いて 千年経っても 変わらずに
   一緒にいたい 空の上まで





酔っているし 久しぶりなせいか
ものすごく下手くそ。
不器用だから こんなもんかな。
次は ウサギとカメ。
うさぎとかめ
のろまでも ウサギに勝てたカメは ただ
   ひたすら ゴールを目指し歩いた

きょうをよむ

ブログネタ
今日の一冊 に参加中!
穏やかな一日が また過ぎてゆく
   こうして我は としを重ねる

「私の手もと箱」京暮らしの四季 秋山十三子著
「私の手もと箱」秋山十三子







はんなり ほっこり しまつ おばんさい
おくどさん もったいない あんじょうに
かまへん おおきに やらかい つろく

話す言葉は優しげで 顔で笑っても
ほんとうは よそ者を寄せつけない
芯の強さが 感じられる。
心を許したら とことん尽す
ちょっといけずな京女。
その一部分を垣間みることができた。

学生時代を過ごした懐かしい京都。
また行きたいな。

わかったこと

ブログネタ
俳句・川柳・和歌 に参加中!
思い出思い出は セピアの色に 染められて
   淡く 優しく よみがえる 今

思い出を 君と一緒に たどるとき
   同じ世代で 同じところで

思い出に したくない 君との時間
   このまま一緒に 歩いていたい



今日は 久しぶりに 二日酔い
夕方近くまで ほとんど使い物にならない状態だった。
でも 昨夜は とても楽しいお酒だったから
二日酔いでも 後悔してない。
ちょっと シンドかったけど。

二日酔いのときって 体温が下がってるのかな。
風邪をひいてる訳じゃないのに
身体が冷えて 寒気がした。
いつも飲まない しょうが湯がおいしかった。

2・1・1

ブログネタ
ヒトリゴト に参加中!
この花なあに?どこからか 甘いかおりが われ誘う
   家事の手をとめ もの想うとき











朝から 雪起こしの雷が鳴った 
まだ冬なんだと 知らしめてくれた
今日は 記念日
実家の父が ひとつ年をとった
なにもしてあげらなくても
元気な声を 届けられた
あなたの娘は こんなだけど
いつかは ちゃんとできるから
そうなるまでは 元気でいてね
なにも 親孝行ができなくても
生きてる証を届けたい

父の誕生日に 親不孝な娘より

2・1・0

ブログネタ
日々の戯れ言 に参加中!
この時期は 意地でも チョコを買わないと
   心に決めた 意味はないけど

久しぶり 外出 いっぱい歩いたら
   帰り 車の中で 足つった

ニコニコの動画にコメント書き込めば
   赤色文字が 白と流れた


今日 夕方過ぎから 
北陸の冬らしく 雪起こしの雷が鳴った。
明日から ちゃんとした冬が来るのかな。
冬らしくないのが 普通になってほしくない。
雪がいっぱい積もって 愚痴を言いたくなる
そういうのがいい。
だって 冬だから。


買ったけど 出番がないね 塗るホッカイロ
ぬるホッカイロ

月齢17

ブログネタ
短歌 に参加中!
2007.02.05の月間違えたふりをしながら リダイアル
すぐに返信してくれ サンキュ






満月ではなく 
少し欠けた月
その歪さが らしくていい
不安定な 安心感
君みてるよね この月を
不安定だからこそ 
君想う

午前四時

ブログネタ
短歌 に参加中!
空白の ほんのわずかなひとときが
   しこりとなりて 心に残る

夜明け前 冬の空気が 肌を刺す
   昨夜の記憶 こころ 突き刺す

午前四時 静寂のとき よぎるのは
   優しい声の 氷のことば


昨夜は 10時前に眠ったので
眼が覚めたのが 午前2時過ぎ。
熟睡できたせいか 気持ちよく起きられた。
早起きした分 長い一日が過ごせそう。
なにか良いことあるといいな…

silence

ならんで歩く

君の瞳(め)を覗いてみたい 真っ直ぐに
   だからしゃがんで 見つめて話して

背が低いから
歩きながらとか 立ったままでとか
人と話をしていると 首が痛くなる。
わたしは 自分の目線で 周りを見ているけど
背の高い人は どんな風に周りが見えるんだろう。
わたしみたいなちっぽけな人間は
視界に入ることがないのかもしれない。
ちっぽけな人間かもしれないけど
ここに生きてるから
たまには見てね。

暖冬だといっても
外は冬。寒い。


息子がどこかで手に入れたネタ。
音が鳴るので 動画を撮ってみた。
初めての試みだから 緊張してボケボケ。

動画があまりにもボケボケだったので
写真を撮ってみた。なんとか判るようになったかな。
左「コイン」右「ジャンプ」
左「COIN」右「JUMP」

きょうを詠む

ブログネタ
日々の戯れ言 に参加中!
初夢が 悪夢じゃなかっただけマシだ
  昨日の「凶」を 今日も引きずる

うたったり よんだりするのは
昨年の夏過ぎからかと思ったら
昨年頭には歌っぽいものを詠んでいた。
カテゴリ分けの作業をするために
過去ログの整理をしていて分かったのだけど
ブログを書き始めた頃から
詩歌っぽいものを書いていた気がする。

お正月は忙しいし
ゆっくりテレビも見てられない。
でも 琴の音や着物や和物に触れられる
良い機会だと思ってる。

きょうを詠む
酔っ払った。
詠んだ。
書いた。
プロフィール
記事検索
Amazonライブリンク
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
ギャラリー
  • シーズン終了
  • 秋の気配
  • なおして
  • 木曜日に
  • 木曜日に
  • 木曜日に
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ